父が心筋梗塞で入院

先週、父が心筋梗塞で入院しました。
心筋梗塞は、心臓に酸素と栄養分を運ぶ冠状動脈に血栓(血の塊)が詰まって血液が流れなくなり、心筋(心臓を動かしている筋肉)が壊死する病気です。
酸素が全く送れなくなるので、発作を起こすとそのまま命を落とすことも少なくありません。
幸いにも父は順調に回復して今週末迄に退院できるようです。
父は75歳なので無理せず回復に努めて欲しいです。
祖父は脳血栓で亡くなっていますし、自分も過去にひきつけや脳梗塞をやっていて、現在も不整脈があるので健康に気をつけていきたいです。

この記事を書いた人